先日(5月2日)の予想はドル円が「130.00-131.70円」、ユーロ円が「135.00-137.90円」でした。

トレード結果は、ドル円は130.08円で買って、130.15円で決済、プラス7pips

ユーロ円は137.41円で売って、136.77円で決済、プラス64pips

合計プラス71pipsでした。

さて、先日は、BOE(英中銀)が市場の見通し通り2023年半ばまでに政策金利を2.5%に引き上げた場合、2023年のGDP(国内総生産)成長率はマイナス0.25%になるとの見通しを発表し、マイナス成長との予想が市場に衝撃を与え、1.26ドル台にあったポンドドルは一時1.2320ドル近辺まで急落しました。

本日のドル円は、今夜発表の米雇用統計で、平均時給が市場予想を上回った場合、米利上げ加速への思惑からドル買いが強まる可能性に注目です。

ドル円予想

米10年債利回りが3.08%台へ上昇したことで、米系ファンド勢主導の買いで上げ幅を拡大しています。

本日の予想レンジ:129.80-130.90円

ユーロ円予想

ドル円が上昇したことで上値を広げています。

本日の予想レンジ:136.90-138.50円

sagara

By sagara

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。